米国、韓国との春季軍事訓練の規模を縮小

米国、韓国との春季軍事訓練の規模を縮小

AP通信

韓国と米国は大規模な春季軍事訓練を廃止し、より小規模な演習に切り替えた。これは、北朝鮮の核危機を解決することを目的とした外交を支援する取り組みの一環である。

2019年3月上旬に両国が発表したこの決定は、2019年2月下旬にいちかばちかの賭け引きであった北朝鮮の金正恩最高指導者との第2回首脳会談が交渉不成立に終わったのとほぼ時を同じくして、米国のドナルド・トランプ大統領が合同訓練の費用について苦言を呈したことに端を発している。

演習の中止は、同訓練を侵略の予行練習と受け取っていた北朝鮮への和平提案である。しかし、北朝鮮非核化を追求するベトナムでの首脳会談の決裂をきっかけとして緊張が再び高まるのではないかとの懸念から、軍事演習縮小により韓国の軍事準備態勢が弱まる可能性があると一部の専門家は述べている。

米国防総省はニュースリリースで、米韓の国防長官が「キー・リゾルブ(Key Resolve)」と「フォールイーグル(Foal Eagle)」の演習中止を決定したと発表している。発表によると、米韓両国は新たな連合指揮所演習と野外機動訓練で軍事的な備えの態勢をしっかりと維持していく構えである。(写真:2015年に両国が実施した年次合同軍事演習「フォールイーグル」の一環として行われた米韓合同上陸軍事演習中に、水陸両用強襲輸送車近くで武器を構える大韓民国海兵隊と米軍兵士)

米国の声明は、パトリック・シャナハン米国防長官代行と韓国の鄭景斗(Jeong Kyeong-doo)国防相は、「訓練プログラムを導入するという両国の決定には、緊張を緩和し、最終的に北朝鮮の完全非核化を完全かつ検証可能な方法で達成するための外交努力を支持するという両国の願望が反映されていることを明確にした」と述べている。

ソウルに所在する韓国国防部も同様の声明を発表している。

韓国側の声明によると、鄭景斗国防相はトランプ米大統領と金最高指導者の首脳会談が物別れに終わったことに遺憾の意を表したが、依然として米国政府と北朝鮮政府が交渉を続けることを望んでいる。

「同盟(Dong Maeng)」と呼ばれる新たな訓練は3月4日から12日にかけて実施される。英語で「Alliance」を意味するこの演習は、「南北朝鮮における一般的な軍事作戦の戦略的な作戦と戦術の側面」に焦点を当てていると、米韓連合軍司令部は共同声明で発表している。

米国当局によると、新たな訓練では小規模演習、図上訓練、シミュレーションを実施し、これまでのように数千に及ぶ部隊が関与する大規模編成ではなく、大隊や歩兵中隊などの小規模な部隊で実施されることになる。

関係者等によると、米国防総省は、空爆と他の武器システム、ドローン、監視資産、物流、通信を統合するなどして、より小規模な演習と任務遂行上不可欠なタスクに焦点を当てる予定である。

米国国防長官を退任する1ヵ月前の2018年11月、ジム・マティス米国防長官は米国と韓国が規模を抑えて、春季演習を縮小することを開示している。その目的は北朝鮮の核兵器に関する外交の後退を回避することであると同国防長官は述べており、これは韓国との演習に終止符を打つものではなく、演習の再編であると表現している。

トランプ米大統領はまた、北朝鮮への抑止力として、韓国に駐留する2万8,500人の米軍兵士の費用に対する財政的貢献を増加するよう韓国に求めている。

1950-53年の朝鮮戦争は、平和条約ではなく休戦協定により終了したことから、厳密に言えば南北朝鮮は依然として戦争状態のままである。

Share