米比の約束:「フィリピンは米国が守る」

米比の約束:「フィリピンは米国が守る」

FORUMスタッフ

2019年2月下旬、米国のマイク・ポンペオ(Mike Pompeo)国務長官は、南シナ海における紛争の激しい海域でフィリピンの艦船や航空機が攻撃を受けた場合、フィリピンを米国が防衛すると約束した。

中華人民共和国(中国)は南シナ海にある一部の島を軍事化し、人工島を建設して他の前哨基地を設置している。マニラで開催されたフィリピン当局との共同記者会見で、こうした行為はフィリピンを危険に曝すものであると、ポンペオ米国務長官は語っている。

ワシントン・ポスト紙によると、同国務長官は、「中国による南シナ海での人工島建設と軍事活動は、フィリピンだけでなく、米国の主権、安保、経済生活を脅かしている」と説明した上で、「南シナ海は太平洋の一部であるため、南シナ海においてフィリピンの軍、航空機、公船に対する武力攻撃が行われた場合には、米比相互防衛条約の第4条に基づき、相互防衛義務を発動する」と明言している。

アジア海洋透明性イニシアチブ(AMTI)による2019年2月の報告書は、米国が中国の武力行使や圧力戦術を懸念する理由を指摘している。報告書によれば、中国は約100隻の艦隊を送り、南沙諸島におけるフィリピンの建設作業を妨害している。

AP通信が報じたところでは、ポンペオ米国務長官との共同記者会見においてフィリピンのテオドロ・ロクシン・ジュニア(Teodoro Locsin Jr.)外相は、米国務長官とドナルド・トランプ(Donald Trump)米大統領がロドリゴ・ドゥテルテ(Rodrigo Duterte)比大統領に対して防衛を約束したことでフィリピンは安心感を高めたと語っている。ロクシン比外相によると、結局のところ米国による約束は「フィリピンは米国が守る」と明瞭である。

中国が歴史的観点から南シナ海ほぼ全域の領有権を主張する一方で、ブルネイ、マレーシア、フィリピン、台湾、ベトナムも重複した権利を主張している。米国海軍は艦船を使って航行の自由(FON)作戦を繰り返し実施し、中国が占領する諸島近辺を監視している。

AP通信によると、ポンペオ米国務長官は、「同地域と世界の国々が南シナ海を安保のために平和に利用できる状態を確保することに対してトランプ米政権が真のコミットメントを示したこと」および同海域を今後も商業輸送に利用できるということを全世界が理解したことであろうと述べている。

また、「この非常に重要な経済的シーレーンを安全に維持し、中国による占領の脅威がもたらさないように」、米国はフィリピンと同地域の他の諸国を防衛すると、同国務長官は付け加えている(写真:マニラのヴィラモール空軍基地で飛行機搭乗前に、ソン・キム(Sung Kim)米国フィリピン大使に別れを告げる米国のマイク・ポンペオ国務長官(中央))

ワシントンポスト紙が報じたところでは、米国が中国の影響力に対して抱いている懸念は「航行の自由」のみに限られるものではないと、同国務長官は語っている。数千億円相当(数十億ドル)をフィリピンに投資することを約束した中国国営企業について比外相に警告した同国務長官は、「米国企業は最高水準の透明性を維持し、法律に準拠して運営しているが、中国国営企業や中国が支援する機関にこれは期待できない」と苦言を呈している。

Share