南アフリカ: ライオンサイズの成功

南アフリカ: ライオンサイズの成功

人工受精によって生まれた、世界初のライオンの子供たちの誕生は、環境保護活動家たちによって歓迎された。研究者によると、ライオンの子供たちは南アフリカ北西部にあるのプレトリアの北西80キロにあるウクトゥーラ保全センター(Ukutula Conservation Centre)で生まれた。 

プレトリア大学の哺乳動物研究所所長、アンドレ・ガンズウィント(Andre Ganswindt)によると、自然環境で妊娠し、2018 年 8 月 25 日に生まれたオスとメスの 2 匹の子ライオンは健康だと話している。

研究所のチームにとっての革新は、18 ヵ月間にわたる集中試験の後に訪れた。研究者は健康な雄ライオンから精子を収集し、生存できるレベルまで雌ライオンのホルモンレベルを監視した。その後、雌に非手術技術を用いて人工受精を行なった。

科学者さえ望めば、他の大型猫類を保護するためにこの技術が活用できるため、こういった革新は続くであろうと話している。

アフリカの 26 カ国でライオンが絶滅しており、過去 20 年間に野生の個体数数は 43 パーセント減少している。自然保護国際連合( International Union for Nature of Nature )によると、アフリカのライオンは絶滅危惧 II 類であると等級づけられている。

ガンズウィント氏は「何かしなければ、彼らは絶滅に直面するだろう」と話している。

ライオンを飼育のために移動させるのではなく、北米やヨーロッパで飼育されて増えた象の集団と同様に、新たな技術により、単に精子を着床可能な雌に届けることが可能になった。

この研究に関わる科学者であるイムク・ルイダース(Imke Lueders)は「海外の動物園ではなく、国の自然な範囲で、人工授精から初めてライオンの子供が生まれたことは、南アフリカにとって重要なマイルストーンだ。

「生殖補助医療は、我々の保全ボックスのもう一つのツールである。これはもちろん唯一の解決策ではなく、絶滅危惧種を保護するために使用できるもう一つの技術である」と述べている。

フランス通信社

Share