洞窟救助活動が讃えられ、オーストラリア人医師がタイ王国王室勲章を受賞

洞窟救助活動が讃えられ、オーストラリア人医師がタイ王国王室勲章を受賞

AP通信

2019年4月、2018年に発生した洪水により洞窟に閉じ込められた少年サッカーチームの12人の選手とアシスタントコーチの救助に貢献した功績が讃えられ、2人のオーストラリア人医師にタイ王国王室勲章が授与された。両医師は救助された少年等との再会を楽しみにしているという。

タイのプラユット・チャンオチャ(Prayuth Chan-ocha)首相が主宰する式典では、リチャード・ハリス(Richard Harris)医師とクレイグ・チャレン(Craig Challen)医師が同勲章を授与されただけでなく、救助活動に関与した4人のオーストラリア当局者も表彰された。(写真:2019年4月19日、タイのバンコクに所在する首相府で催された王室式典で最も栄誉あるタイ王国ディレクナポーン勲章を授与された後、タイのプラユット・チャンオチャ首相と握手するタイ洞窟オーストラリア救助隊の一員、リチャード・ハリス医師(左))

2018年7月、チェンライ県の洞窟に閉じ込められたワイルド・ボアーズ(Wild Boars)サッカーチームの少年選手とコーチの救出作戦において、熟練ダイバーの両医師は重要な役割を果たしている。

授賞式の前、両医師はこの北部の県を訪ねて、少年等の様子を見るのを楽しみにしていると語っている。

ハリス医師は、「現地を訪ねて少年たちに会えると思うと心が躍る。救助の後、皆が元気になったことを確認したい」と述べ、「元気な姿を見せてほしい」と希望を語っている。

激しい雨がタムルアン洞窟群を襲い、チームが行方不明になった後、タイ人と多く国々の専門ダイバーの合同救助隊が劇的な捜索救助任務を遂行した。

18日間続いたこの救助活動は世界の注目を集めるニュースとなった。

2019年1月、共に年間最優秀オーストラリア人賞(The Australians of the Year)を授与したハリス医師とチャレン医師は、同様の事態が再び発生した場合も、また全力を発揮する準備が整っていると語っている。

チャレン医師は、「少し経験も深まった」と述べた後で、「洞窟ダイビング救助活動においては、どうも我々2人が世界記録を保持しているようだ」とおどけた。

両者はまた、英国の救助隊員の1人、ジョシュ・ブラッチリー(Josh Bratchley)について冗談を交えて言及している。最近、自分自身が米国の洞窟から救助される羽目に陥ったというブラッチリー氏のFacebookページに、両者はユーモラスなメッセージを残したようである。

チャレン医師は、「まあ、我々にとってはせいぜい大笑いの種といった程度のことだが、本当にこれが自分たちじゃなくてよかった。プロとして非常に恥ずかしい思いをするところだった」と述べた後、「ジョシュと話をして、実話を聞くのを楽しみにしている」と語っている。

両者の最後のメッセージはサッカーチームの少年等に向けたものであった。「ワイルド・ボアーズに今回のような災難が降りかかったからといって、人生を楽しむのを怖がってはいけない」

ハリス医師は、「今回少年たちとコーチが洞窟に閉じ込められたのは非常に不運な出来事だった」とし、「こんな目に遭ったからといって、冒険を楽しめないような人間になってほしくない。子供は本当に冒険などの体験をしなきゃならない」と述べている。

Share